ビオチンの情報

皮膚炎を治療するビタミンとして発見されました。
ビオチンは、 牛レバーや大豆、たまごに多く含まれており、アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症の改善に役立つことが報告されています。

ビオチンとは?

8種類あるビタミンB群のひとつです。
まだまだ知名度は低いのですが、ビオチンは大変幅広い効果を持っていることから、最近人気急上昇中の栄養素です。

効果

皮膚の毛細血管を太くしたりすることで、血行を良くし、皮膚の再生力を高める働きがあります。
また、国民病といっても過言ではないアトピー性皮膚炎の改善や、女優の奈美悦子さんが疾患したことで有名となった掌蹠膿疱症の改善を行うとされています。

情報サイトの紹介

【ビオチン.com】解説からサプリメント比較まで。

お肌のビタミンとして最近注目のビオチンを詳しく解説しているサイトです。アトピーとビオチンの関係など興味深い情報があります。

ビタミン紹介ページに戻る。

Copyright (C)「ビタミンとアミノ酸でキレイになろう。 」All rights reserved.