ナイアシンの情報

素敵な、コスメショップを発見できる。

葉酸やパントテン酸などと同様に、ビタミンB群の1つです。
ナイアシンは、まいたけやかつお節などの食材に多く含まれており、糖質を代謝を得意としています。

ナイアシンとは?

「ニコチン酸」と「ニコチン酸アミド」という物質の総称で、別名「ビタミンB3」と呼ばれています。
血行を良くし肌を健康に保つことからナイアシンは、「肌のビタミン」と呼ばれることもあります。

効果

糖質の代謝を得意とするナイアシンは、糖尿病の予防や改善にはなくてはならない存在です。。
血液中のコレステロールや中性脂肪を減らす働きや、血管拡張作用を持つため、動脈硬化などを予防する栄養素としても注目されます。
アルコールの分解に重要で、日酔いの原因物質であるアセトアルデヒドを分解する役割もあります。
統合失調症の原因の1つとして、ナイアシンの代謝異常によって症状が出現することが分かっているため、欧米などではナイアシンなどの栄養素を用いて治療が行われています。

情報サイトの紹介

ナイアシンの効果。

健康な肌を保ち、血液をサラサラにする働きや糖尿病の緩和に役立つナイアシンの解説をしています。また、上手な摂り方も紹介していますので、参考になると思います。

ビタミン紹介ページに戻る。

Copyright (C)「ビタミンとアミノ酸でキレイになろう。 」All rights reserved.