ポリフェノールの情報

殆どの植物に含まれているポリフェノールは、昔から香料や色素として
食品や化粧品に使用されていましたが、近年では、動脈硬化や虚血性
心疾患などの生活習慣病を予防する効果に注目されています。

ポリフェノールとは?

名前の由来としては、ポリ(たくさんの)フェノールという意味から名付けられており、分子内に複数のフェノール性ヒドロキシ基を持つ植物成分の総称がポリフェノールです。

古くから様々な用途で活躍していましたが、最近では、優れた抗酸化効果を持つことから、生活習慣病などの予防に期待されており、サプリメントとしても注目を集め出しています。

効果

代表的な、そして最大のポリフェノールの効果は、抗酸化作用です。
活性酸素による細胞の酸化は、様々な病気の引き金となるとこは、既に有名な話です。
この酸化に対抗する為の成分を抗酸化物質と呼びますが、ポリフェノールは、「天然の抗酸化物質は優れもの」と称されるほど、優れた抗酸化効果を持っています。

情報サイトの紹介

【ポリフェノールの効果】やサプリメントの選び方。

ポリフェノールの効果をはじめ、その種類や多く含む食品について解説しています。
また、赤ワインに多く含まれることから、赤ワインの選び方なども紹介しています。

ビタミン紹介ページに戻る。

Copyright (C)「ビタミンとアミノ酸でキレイになろう。 」All rights reserved.